雪だるま日記


スノーボード大好き♪滑走(グルメ)レポなどを中心に・・
by yukidaruma05
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

富士登山 【下山・今回試したこと】

雲の中を降りていくような大きさです。
e0089227_22162122.jpg

下山は速いな・・・もう、こんなに降りれた。
e0089227_2217177.jpg

荷揚げの車だけが通る道。
e0089227_22222135.jpg

途中の小屋では、本格的な工事が行われていました。
e0089227_22205668.jpg

ここら辺で地下足袋に履き替える。
e0089227_22231658.jpg
e0089227_2224169.jpg

大砂走り始まっています!
e0089227_22284529.jpg
e0089227_22273028.jpg
e0089227_22411414.jpg

e0089227_22292954.jpg


下山を開始した。
登りは、御殿場口から双子山を経由して富士宮口の6合目から登ったけれど、下山は御殿場口の大砂走り!
ちょいと昔に、須走口から登っての下山のとき、大砂走りを慣れた方たちが小走りに降りていかれる姿に憧れた(*´∇`*)すてきぃ
しかも!地下足袋着用のおっさんがかっこよかった!アレが高価な登山靴なら( ゜σ ゜ ) ホジホジ  なあたしだったでしょう。
職人的な道具に憧れを持つマニアなあたしです。笑

今回は下山時の疲労をいかに最小限に抑えるか?もテーマ。
先日見たNHK『ためしてガッテン』で、降りの際に歩幅を小さくというアドバイスがあった。
もちろんためしてガッテンなので理論的に解説。(端折ります)
これが足袋で動くとおのずと小股(小幅)で歩くようになるらしく、試したが本当に自然と小幅に。


そして、むかし登山仲間が言った言葉で「杖・ストックなんて意味がない。あれは、売り手側の陰謀」って言葉が本当だろうか?と言う試しもあった。

富士登山の人はほとんど杖を買われる。
それは観光の記念としての意味が大きいと思うけれど、実際意味があるのだろうか?
この実験は本当にしんどかった。富士山に関しては杖があった方が断然楽ではある。
これは、今まで杖やストックを使って登った経験上そう思う。
登り慣れているから登頂できてお鉢も回ったけれど、杖が無いから今回はそれが辛かった。

そして、インソールと足袋。実は、この登山最近使い出したインソールも試している。
※登りとお鉢周りは登山靴。下山は地下足袋を使用しました。
足袋は足裏感覚が明確でそれが気持ち良く感じた。
しかし、大きい石につま先を当てた時は「つま先保護タイプの足袋があったのを買えばよかった」と少し後悔。。
インソールに関しては、安定していたと思う。
しかし、ランニングシューズに合わせて作ってもらったのを登山靴で使用したせいか?右の立方骨の下辺りがお鉢周りのときからかなり痛くなって、早く地下足袋に変えたくなった。。
今も、そのインソールはランニングシューズで使っているが、調子は良い。
シューズの種類によってインソールは変えないといけないんだな。。と改めて感じた登山だった。


下山は快調だった!
ただただ下へ小走りに進むだけ!
ロープや標識はマメに出ているので問題ない!
ズンズン進む!ずんずん進む!ずんずん進んできた!

もうずいぶん降りたはずだけど・・・コレだけ直滑降できているのに、まだ五合目まで来ていない??
おかしいな・・・もうそろそろ五合なはず。と思ったら
須山口2合目とか書いている標識が目に入った。(゜ロ゜;)エェッ!?道間違った???
んなはずは無い!!御殿場口下山道と書いている立派な標識が立ってあるじゃないか!!
=( ・_・;)⇒ アレ??ひょっとしたら御殿場口の2合目まで降りたとか??
持ってきた地図を見るけれど、そんなはずは無い。。

他のお客さんもズンズン降りていくので、それについていけば何とかなるだろう。
御殿場の大砂走りは、下山するにしたがって雲の中でミスト効果バツグン!(笑)
いつの間にかしっとり濡れてしまった。
地図もほにゃほにゃ。笑

結局、その後ちゃんと御殿場口の5合目まで到着した。
御殿場口が一番登山距離が長いとは聞いていたけど、正味他の2合目ちょっと高いくらいの距離から登り始めるくらいの距離らしい。だから他の斜面の名称が出てきたみたい。
登山は2日間かけたからそれほど長く感じなかったけど、一日で上り下り往復するとしたら堪えるだろうな。。

そして、ためしてガッテンで教わった下山術は見事に成功で、筋肉痛が全然無かった。
と言うか、‘下腿部の軽い張り’程度で終わった。
今後も使わせてもらおう♪
[PR]
by yukidaruma05 | 2010-09-22 22:30 | 登山

富士登山 【山頂~お鉢周り】

山頂に着いた。
とりあえず剣が峰のピークを取ったら帰ろうと思ってたけど、今日はすごく体調が良い!へとへとじゃない♪
6合目でたっぷり睡眠とったのが良かったのか?今までで一番モチベーション高い!(笑)

いつものように浅間大社にお参りをする。
神社では、毎年お守りを買う。今年は、丸いステッカーが売ってあった。スノーボードに貼ろうかな?
その横の郵便局は人が長い列を成している。
e0089227_21422256.jpg

こういう、アナログ的なことってすごく良いなぁ。。和の心と言うか、本当に良い!
そう言えば、同業の先生が「富士登山の時に山頂から暑中見舞い出すんですよ!」って言ってたな。
※自宅に帰ったら、ドンピシャで先生からの暑中見舞いが来ていた。わたしの1週間前に登頂された様子。
来年はココから暑中見舞い出そうかな?
e0089227_2144026.jpg

さて、お鉢回りするか!!
まず先に、ピークで記念撮影・・・と思ったら、甘かった。
ピークですごい長蛇の列。( ̄▽ ̄;)!!
e0089227_2149393.jpg

待ってたら、1時間はかかるな。。(-。-;)
なので、お鉢周りに出かけた。
e0089227_21502138.jpg

剣が峰に向かう途中の道で、降りてくるレジャーっぽい若者達がキャッキャ言いながら暴走してくる。
ヾ(・・;)ォィォィ危ないじゃないか!!
剣が峰に向かう道は急で降りるときに滑りそうな面がある。
たとえると雪山ゲレンデの急斜面で初心者のスノーボーダーが降りれないから横滑りでドンドン雪を削って行って、下にカリカリの青氷がお目見え!!て事が、山にもある。

その部分を真っすぐに走って降りようとするから危ない!!
本人が怪我するだけでも どうやって下山するのよ?( ̄Д ̄;;て気もするが、転げてしまって狭い登山道で登っている途中の人にぶつかり、もろともに登山道から外れて滑落したら死ぬ。本当に死ぬかもよ!

そんな事もあり、これからどう降りようかと無茶してた仲間の後に続く若者にわたしが降り方を指導した。
「蛇行してくれ!真っすぐに降りずにジグザグに斜め斜めの切り返しでゆっくり降りて!」この説明を2グループにした。
「ありがとうございます!」今の若い子はわたしらより頭良いからすぐに実行してくれた。
e0089227_2151721.jpg

途中にコスプレの男の人に出会う。すごいなぁ~~。。(・_・;「あの衣装で登り切ってお鉢回りもしてるよ!!」
タフだわ!!最初の時はそのままスルーしたんけど、お互いにお鉢回ってるので、反対側でまた会った時にいっしょに撮影をおねがいした。
e0089227_21573733.jpg

撮ってくれたのは、トレイルランニングの練習をしている人に。わざわざ走る足を止めさせてしまったのを、わたしじゃなくそのコスプレの男の子は、ちゃんとお礼を言っていた。「この子人間が出来てるわぁ、、あたしがお礼言わないといけない立場なのにね!」
そして、お別れ。
e0089227_2213022.jpg

その後暖かいものを飲もうと、固形燃料を燃やそうとした・・・した・・・何度も・・・した・・・アレ?・・これでもか!!チッ(・д・)全然使えねぇ~~!!ガスの湯沸しは、今回下ろしてきたのに、固形燃料がつかえなかったら
(゜ο゜人))((人゜ο゜)意味なーいじゃーん

e0089227_22184877.jpg
e0089227_2219622.jpg
途中に、吉田口と須走口の山頂を通る。
e0089227_2221341.jpg

こっちの方は、お店もあり商売色が強くてにぎやかだ。
e0089227_2220059.jpg

小学生くらいの子ども達も登っていた。えらいぞ~!君ら!でも、へとへとっぽいね!笑
e0089227_22204617.jpg

付き添いの父兄?先生?も大変だったろうな。。こんな大人数、体調悪くなる子もいるだろうし。。
ホント!みんな、お疲れさまです!でも、登頂した事はちょっと自慢になるよ!
e0089227_2223875.jpg
e0089227_22232786.jpg
e0089227_22251398.jpg
e0089227_22261616.jpg

お鉢を回り終えて、下山口の近くに来ると おじさんが写真を撮って欲しいといわれるので、気持ち良く撮影してあげた。
わたしが5回目の富士登山だと言うと、おじさんはどうやら初めての富士登山でいつもこんなに天気が良いのか?と聞かれる。
こんなに安定してピーカンはめずらしいです!とたった5回の経験なのに、知ったらしくエラソウに言うわたし。( ̄ー ̄;
e0089227_22282898.jpg

そして下山。つづく。。
[PR]
by yukidaruma05 | 2010-09-17 21:22 | 登山
最新の記事
以前の記事
リンク 
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧